中古クレーンの費用相場

中古クレーンの相場は2トン車で300万円ほど、4トン車で500万円ほどとなります。

ラフタークレーンとトラッククレーンの違い

操作の方法が異なります

ラフタークレーンは大型タイヤを装着した走行用キャリアの上にクレーンを搭載しており、全ての操作を運転席で行えます。トラッククレーンは運転席のあるトラックに運転室の付いたクレーン装置を架装しており、走行はトラック、クレーンは運転室と別々に操作を行います。

道路交通法の区分が異なります

ラフタークレーンは大型特殊自動車で、トラッククレーンは大型自動車に区分されます。ラフタークレーンは自走システムがないのでクレーンに区分され、トラッククレーンはトラックに運転席がついているためトラックに区分されます。最高速度もラフタークレーンが50キロであるのに対し、トラッククレーンは90キロです。

料金や評判から考えることが大切

クレーン

中古クレーン車を購入したいと考えている場合、問題となるポイントの1つが、どのくらいの料金が必要になるのかという点です。欲しい車種があったとしても、予算オーバーしてしまうと中古だとしても購入するのが難しくなります。そこで中古クレーン車を購入したいのであれば、最初に欲しい車種と相場について調べてみましょう。欲しい車種の相場を把握することで、予算内で購入できるのか、別の車種を選ぶべきなのか判断することにつながります。1つ注意が必要になるのが、料金だけでクレーン車を判断しないようにするという点です。欲しい車種がある場合、少しでも安く購入する方法を探るという方も多くいます。もちろん安く購入することは大切ですが、安さばかりに注目してしまうと状態の悪い中古を買う可能性もあります。予算内で少しでも状態の良いクレーン車を購入するために、料金だけではなく評判にも注目して選択することもポイントの1つです。実際に利用した方の意見を参考に、自分にとってより良い選択ができるようにしましょう。

人気の業者を探してみよう

クレーン

中古クレーン車を購入したいと考えているなら、購入するクレーン車だけではなく利用する業者に注目することも忘れないようにしましょう。良い状態のクレーン車を安く販売している業者もあれば、選択肢が少ない業者も見られます。自分の状況に合わせて利用しやすい業者を選ぶことで、納得度の高い結果につなげることが可能です。では実際に業者を選ぶ際に、どのようなポイントに注目したらいいのでしょうか。チェックするべき点の1つが、人気がある業者かどうかです。人気がある業者であれば、利用者から高い評価を受けています。利用者から高い評価を受けている理由を把握し、自分にとって利用する価値がある業者で中古クレーン車を購入することが大切です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中